2012年09月04日

第1回ABEグループ合同幹事会を開催しました。

日時 平成24年8月30日(火)14:00〜15:30
場所 ものづくり会館第1研修室
内容 「省エネ推進活動の基本思想」
    J−NES株式会社 澤田 浩士 氏

 近年、エネルギー消費量の増加幅が大きくなっている民生部門のうち業務部門における省エネ対策について説明をしていただきました。
 省エネの方向性としては、「設備の省エネ化」と「ムダなく賢い使い方による省エネ」の両面で省エネを推進していくことが重要で、エネルギーの「見える化」「数値化」の構築が必要となります。そこで、集中管理が効果的なBEMS導入に対するポイントや補助制度の概要を紹介くださいました。BEMSは、これまで導入が進まなかったが、リーズナブルな機器が普及しお求めやすくなっており、さらに補助制度も利用できるので、この機会に導入を検討して欲しいと奨められました。

Cグループ幹事会 054.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年08月10日

第1回Cグループ幹事会を開催しました。

日時 平成24年8月9日(木)9:00〜12:30
場所 富山市常西公園、東町・東新町公民館
内容 小水力発電所の視察

 再生可能エネルギー固定価格買取制度が始まり、私たち自身で再生可能エネルギーを育てる時代が始まりました。その中で中小の河川や農業用水を使う小水力発電が注目を集めていることから、富山の日本有数の急流河川である常願寺川を水源とする常西合口用水を使った2つの発電所を視察しました。
 常西公園小水力発電所は、開放型の下掛け水車で直径が6.5mもある巨大な水車で公園や地域のシンボルとなっています。最大出力は9.9kWで園内のライトアップや防犯灯に利用しています。
 東町・東新町公民館では、発電所の建屋の中に88kWを出力するS型チューブラ水車を見せてもらいました。発電した電力は、発電所内の電力で使用しています。どちらの施設も残りの余剰電力は売電しています。
 事業者が設置することはなかなか難しいですが、今後普及が進むことで設計や施工に関わることができる事を期待したいです。
 施設の概要を説明していただきました叶V日本コンサルタント様、富山市環境政策課様どうもありがとうございました。

Cグループ幹事会 020.jpg

Cグループ幹事会 046-1.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年08月02日

第1回Dグループ幹事会を開催しました。

日時 平成24年8月1日(火)10:00〜11:15
場所 金沢市保健所 4階 環境指導課会議室
内容 「遮熱シート『冷えルーフ』の効果について」
     株式会社サワヤ
   「屋上緑化(アクアソイル工法)の果たす役割」
     株式会社総合園芸

 今年も暑い夏になっていますが、近年問題となっているヒートアイランド現象の軽減対策として、建物の高温化を緩和する遮熱シートと屋上緑化について学びました。
 まず、本グループ会員でもあります潟Tワヤから『冷えルーフ』の説明をしていただきました。折半屋根の上に孔が多数開いたシートを敷設することにより、夏場の室内温度を低減するだけでなく、冬場の保温効果、結露防止や雨音の低減など多くの効果が得られる商品でした。
 次に、椛麹園芸から屋上緑化の様々な効果をお聞きしました。夏の室内温度の低減など環境改善効果はもちろん、人にやすらぎを与える心理的な部分、それから治水など防災面での効果があり、面的に整備を進めることで低負荷・循環型のまちづくりができると分かりました。

DSCF9978.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

第3回バイオマス研究会を開催しました。

日時 平成24年7月26日(木)10:00〜11:30
場所 金沢市西部環境エネルギーセンター 研修室
内容 バイオマス等未活用エネルギー事業調査について

 松村物産鰍ゥら以前調査を行った「食品工場等からのハイブリッドバイオマスのエネルギー利活用事業化可能性調査」について説明をしていただきました。
 畜産農家と食品工場をネットワーク化し、糞尿や食品廃棄物からメタンガスを回収して需要家へ供給するシステムを構築するものです。しかし、バイオマスの確保や需要家のニーズ、消化液の活用などの課題があり、現在のところ進展していないそうです。
 バイオマスの活用を検討する際には、賦存量や需要先、システムの構築、経済性の評価など十分な調査検討が必要であると認識を深めました。

DSCF9939.jpg
 
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年07月04日

第63回全体会を開催しました。

日時 平成24年6月29日(金) 10:00〜11:45
場所 西部環境エネルギーセンター 環境学習室
内容 @講演『今夏の電力需給状況と節電・省エネ対策について』
    講師:北陸電力株式会社石川支店
   A施設見学

 政府から節電要請が出されこの夏も電力需給状況は、大変厳しいと認識していますが、北陸電力管内がどの程度の状況なのかお話しをお聞きしました。供給予備力はあるが、気温の影響や大型電源のトラブルなどの不安定要素を考慮すると厳しい状況で、電力需給のひっ迫が想定される場合は、火力発電所などの増出力運転等により安定供給に努めると説明がありました。電力を使用する側には昨年並の節電を見込んでいるとのことであり、ネットワークとしても引き続き節電に努め、特にピーク電力の抑制をしていきます。
 また、事務所や工場における節電・省エネ方法の説明がありました。これを参考に取り組めるものから進め、節電やCO2削減効果を高めようと思います。
 講演会の後には、会場である西部環境エネルギーセンターの見学を行いました。

63全体会 002.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年05月17日

第62回全体会を開催しました。

日時  平成24年4月24日(火) 14:00〜16:00
場所  石川県地場産業振興センター 本館 第3研修室
内容  @議事
     A報告事項
     B講演 『地域のエコ活動を支援するITシステムの活用と
          人材育成について』
      講師 アズビル株式会社
         ビルシステムカンパニー マーケティング本部
         部長 福田 一成 氏

 議事では、平成23年度事業報告や平成24年度活動計画、予算案が承認されました。
 また、報告事項では、環境保全活動推進ガイドブックと活動情報誌「GREEN K」について説明がありました。
 その後、地域のエコ活動を支援するITシステムの活用と人材育成についてご講演をいただきました。アズビル株式会社は、BEMS(ビル・エネルギー管理システム)を活用して建物内の空調、熱源、照明などエネルギーを制御、監視、管理することにより、快適環境と省エネルギーを進めています。
 節電も省エネもまずはエネルギーの見える化からスタートするが、それで終わらせるのではなく、BEMSを有効に活用するための手法や人材育成について、新しい支援制度も含めて説明されました。

DSCF9421-1.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年03月14日

第61回全体会を開催しました。

日時  平成24年3月2日(金) 13:30〜15:00
場所  金沢市保健所 3階 健康ホール
内容  講演 『エコドライブ推進のためのキーポイント』
     講師 株式会社アスア リーダーコンサルタント 富田 周作 氏

 各企業においてエコドライブを推進するためのキーポイントをわかりやすく紹介していただきました。
 エコドライブの効果には、CO2削減等の環境貢献や燃料費等のコスト削減だけでなく、事故削減効果もあります。ポイントは、「発進」と「停止」であり、安全運転のポイントと類似しているため、事故防止につながるのです。
 取り組む際には、「活動化」が重要であり、特に経営者等が本気なることが大切です。また、創意工夫して楽しんで取り組むことによって、社内活性化につながると説明されました。
 最後に、エコドライブ支援サイト「ReCoo」(レクー)に登録し、ぜひエコドライブに取り組んでほしいと締めくくりました。

画像 002(HP).jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

施設見学会を開催しました。

日時 平成24年2月9日(木) 14:00〜15:30
場所 野々市市御経塚3−47
内容 三谷産業潟Oループ会社 新社屋『アンビシャスヒル』の見学

 訪れると、まず玄関ロビーの木質ペレットストーブが暖かく出迎えてくれました。アンビシャスヒルでは、@創エネとして太陽光発電・風力発電・燃料電池のトリプル発電を導入しています。また、A省エネとして湿度調整を別機器でコントロールするデシカント空調や「見える化」(BEMS)による効率的な運用を行っています。さらに、B蓄エネとして50kWhのリチウムイオン蓄電池システムを備えています。
 加えて、遮熱効果と癒し空間の屋上庭園、ヒートアイランド現象を暖和する保水性塗料とグラスパーキング、地産地消材としてバイオマスケイク基盤やリサイクルウッドデッキを利用しています。
 このようにアンビシャスヒルは、低環境負荷にも配慮した「省CO2技術への取り組みが見える」オフィスビルです。また、地域環境教育の場として、企業等の見学を積極的に受け入れているそうです。
 参加者は、一ヵ所で多様な設備を実際に見て、感じることができました。

HP@.jpg

HPA.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年01月11日

第2回C・Dグループ合同幹事会を開催しました。

日時 平成23年11月29日(火) 8:30〜12:30
場所 富山県富山市岩瀬天池町1−7
内容 『富山市エコタウン』の見学 @富山市エコタウン交流推進センター
                      A石ア産業
                      B潟Gコマインド

 まずは、環境に関する学習と活動の拠点施設である「富山市エコタウン交流推進センター」のAV説明室でビデオを視聴しました。富山市エコタウンには、廃棄物を新たに他の分野の原料として活用する7つの施設があり、ゼロ・エミッション構想を推進しています。そして、ビデオ終了後に常設展示室、企画展示室を見学しました。
 次に、「石ア産業梶vにて焼却やリサイクルが困難な産業廃棄物の処理に対応した、環境にやさしく安全・安心を高めた次世代型の焼却炉を見学しました。発生した熱は発電に利用され、
      ■発電効率:約15%(通常3〜5%)
      ■発電量:約4,000kW/h(約8,000世帯分)
      ■二酸化炭素削減量:約16,000t-CO2/年  とのことです。
 その次の「潟Gコマインド」では、リサイクルが困難で従来焼却や埋立てにより処分されていた廃棄物を原料にして、低コストで品質の安定した固形燃料を製造しています。製造した固形燃料は、主に製紙会社へ売却しているそうです。

★画像@.jpg

★画像A.jpg

★画像B.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

第2回A・B・Eグループ合同幹事会を開催しました。

日時 平成23年11月22日(火) 14:00〜15:30
場所 金沢市保健所 3階 健康ホール
内容 『省エネ情報説明会〜省エネの進め方と省エネ診断について〜』
講師 財団法人省エネルギーセンター北陸支所
     エネルギー使用合理化専門員 大谷 博信 氏

 はじめに、財団法人省エネルギーセンター北陸支所の事務局長である西湖忠史氏より、ご挨拶をいただきました。その後、エネルギー使用合理化専門員である大谷氏より、省エネ情報について説明していただきました。
 省エネの意義は、エネルギーの有効利用、地球温暖化対策、法令遵守を行うことにより、企業のコスト削減や社会的評価につながることである。職員がエネルギー使用量や削減計画などを共有できるようにする「見える化」がとても重要であると説明されました。また、工場とビルの省エネ改善事例を紹介していただきました。
 最後に、専門員を1日派遣して行う「省エネ無料診断サービス」をぜひ利用してほしいと参加企業に呼びかけました。

DSCF8891.JPG
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告