2012年03月14日

施設見学会を開催しました。

日時 平成24年2月9日(木) 14:00〜15:30
場所 野々市市御経塚3−47
内容 三谷産業潟Oループ会社 新社屋『アンビシャスヒル』の見学

 訪れると、まず玄関ロビーの木質ペレットストーブが暖かく出迎えてくれました。アンビシャスヒルでは、@創エネとして太陽光発電・風力発電・燃料電池のトリプル発電を導入しています。また、A省エネとして湿度調整を別機器でコントロールするデシカント空調や「見える化」(BEMS)による効率的な運用を行っています。さらに、B蓄エネとして50kWhのリチウムイオン蓄電池システムを備えています。
 加えて、遮熱効果と癒し空間の屋上庭園、ヒートアイランド現象を暖和する保水性塗料とグラスパーキング、地産地消材としてバイオマスケイク基盤やリサイクルウッドデッキを利用しています。
 このようにアンビシャスヒルは、低環境負荷にも配慮した「省CO2技術への取り組みが見える」オフィスビルです。また、地域環境教育の場として、企業等の見学を積極的に受け入れているそうです。
 参加者は、一ヵ所で多様な設備を実際に見て、感じることができました。

HP@.jpg

HPA.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2012年01月11日

第2回C・Dグループ合同幹事会を開催しました。

日時 平成23年11月29日(火) 8:30〜12:30
場所 富山県富山市岩瀬天池町1−7
内容 『富山市エコタウン』の見学 @富山市エコタウン交流推進センター
                      A石ア産業
                      B潟Gコマインド

 まずは、環境に関する学習と活動の拠点施設である「富山市エコタウン交流推進センター」のAV説明室でビデオを視聴しました。富山市エコタウンには、廃棄物を新たに他の分野の原料として活用する7つの施設があり、ゼロ・エミッション構想を推進しています。そして、ビデオ終了後に常設展示室、企画展示室を見学しました。
 次に、「石ア産業梶vにて焼却やリサイクルが困難な産業廃棄物の処理に対応した、環境にやさしく安全・安心を高めた次世代型の焼却炉を見学しました。発生した熱は発電に利用され、
      ■発電効率:約15%(通常3〜5%)
      ■発電量:約4,000kW/h(約8,000世帯分)
      ■二酸化炭素削減量:約16,000t-CO2/年  とのことです。
 その次の「潟Gコマインド」では、リサイクルが困難で従来焼却や埋立てにより処分されていた廃棄物を原料にして、低コストで品質の安定した固形燃料を製造しています。製造した固形燃料は、主に製紙会社へ売却しているそうです。

★画像@.jpg

★画像A.jpg

★画像B.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

第2回A・B・Eグループ合同幹事会を開催しました。

日時 平成23年11月22日(火) 14:00〜15:30
場所 金沢市保健所 3階 健康ホール
内容 『省エネ情報説明会〜省エネの進め方と省エネ診断について〜』
講師 財団法人省エネルギーセンター北陸支所
     エネルギー使用合理化専門員 大谷 博信 氏

 はじめに、財団法人省エネルギーセンター北陸支所の事務局長である西湖忠史氏より、ご挨拶をいただきました。その後、エネルギー使用合理化専門員である大谷氏より、省エネ情報について説明していただきました。
 省エネの意義は、エネルギーの有効利用、地球温暖化対策、法令遵守を行うことにより、企業のコスト削減や社会的評価につながることである。職員がエネルギー使用量や削減計画などを共有できるようにする「見える化」がとても重要であると説明されました。また、工場とビルの省エネ改善事例を紹介していただきました。
 最後に、専門員を1日派遣して行う「省エネ無料診断サービス」をぜひ利用してほしいと参加企業に呼びかけました。

DSCF8891.JPG
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年11月02日

第2回バイオマス研究会を開催しました。

日時 平成23年10月27日(木) 13:40〜16:30
内容 先進企業見学 @且R森工業(金沢市東蚊爪町1-76-4)
                『バイオディーゼル燃料について』
              A明和工業梶i金沢市湊3-8-1)
                『バイオマスの炭化等について』

 はじめに、且R森工業にて環境省の「エコ燃料利用促進事業」の採択を受けて販売しているバイオディーゼル燃料についてお話を聞かせていただきました。バイオディーゼル燃料は、硫黄酸化物をほとんど含まず、黒煙を1/2〜1/3に減少します。また、DPF(粉塵除去装置)装着の必要がなく、ディーゼルエンジン車両用のクリーン燃料として注目されています。
 次に、明和工業鰍ノてバイオマス原料の乾燥・炭化・ガス化など様々な方法をパワーポイントで説明していただきました。常に新しいことを考え、大学との研究や国の助成制度などを活用して、国内だけでなく海外にも進出しバイオマス装置を手がけています。まさにバイオマス関連では国内トップクラスです。
 今後は、本研究会において何らかのアドバイスを是非お願いしたいと感じました。

IMGP1788圧縮後.JPG

IMGP1809圧縮後.JPG
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

第60回全体会を開催しました。

日時  平成23年10月20日(木) 8:30〜19:00
場所  滋賀県立長浜ドーム(滋賀県長浜市田村町1320)
内容  『びわ湖環境ビジネスメッセ2011』の見学     
 
 びわ湖環境ビジネスメッセは、「環境と経済の両立」を基本理念に持続可能な経済社会を目指し、環境産業の育成振興を図るため、環境負荷を低減する製品・技術・サービス等を対象とした商談・取引と情報発信・交流の場となる環境産業の総合見本市です。
 環境産業の進歩は、まさに日進月歩であり、参加企業にとって様々な最新情報を収集するよい機会となりました。
 また、二手に分かれてセミナーを受講しました。3.11以降、環境・エネルギー問題への関心はより強いものになっており、講演 『持続可能な社会を支える、これからのエネルギーと私たちの選択』(環境エネルギー政策研究所 所長 飯田 哲也 氏)は、とても盛況感がありました。

画像 003.jpg

画像 010.jpg

画像 022.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

第59回全体会を開催しました。

日時  平成23年9月30日(金) 14:00〜15:30
場所  金沢市保健所 3階 健康ホール
内容  講演 『国際森林年と日本、次世代への森の伝え方』
     講師 農山村支援センター 事務局長 竹田 純一 氏

 国際森林年2011にちなんで、国際森林年で行われているさまざまな行事の紹介や森と企業のCSR等についてご講演をいただきました。
 映画「森聞き」が上映され、田舎の原風景は、環境容量や循環型社会を具現化した理想の姿である。また、都会で行き詰まる現代人にとって、森は精神衛生上とても有効に働くと説明されました。
 参加企業は、森と企業の関わり方について考えさせられました。

画像 007.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年07月27日

第1回バイオマス研究会を開催しました。

日時 平成23年7月11日(月) 14:00〜15:30
場所 金沢市保健所 4階 環境指導課会議室
内容 情報提供
    @「金沢市の取り組みについて」 金沢市環境政策課(事務局)
    A「バイオマスの取り組み」 鞄圏m設計
    B「富山県の木質バイオマスについて」 轄蒼y開発センター

 今年度、本ネットワークの会員が協働してバイオマスの有効活用を目指し、調査研究並びに実践的活動を行うことにより、持続発展可能な地域づくりに貢献するとともに、自社の事業活動から発生する温室効果ガスの削減や、バイオマスエネルギーを活用した新たな環境ビジネスの創出につなげていくためにバイオマス研究会を立ち上げました。
 活動期間は2ヶ年(平成23年7月11日〜平成25年3月末)で、勉強会の開催や研究テーマ毎の部会活動を通じて、会員間での事業のマッチングや協働による新たな事業実施に向けた準備を行う予定です。
 第1回研究会では、参加企業の紹介にはじまり、バイオマスの取り組みについての情報提供があり、最後に意見交換会を行いました。

〔参加企業〕 ※五十音順
潟Aイ・オー・データ機器、潟Gオネックス、会宝産業梶A滑`本商会、加州建設梶A葛熨環境サービス公社、環境開発梶A轄蒼y開発センター、竃k日本ジオグラフィ、棋田組、鞄圏m設計、樺島商店、鞄本海コンサルタント、松村物産梶@ 

画像 021(圧縮).jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年07月26日

第1回A・B・Eグループ合同幹事会を開催しました。

日時 平成23年7月4日(月) 14:00〜16:00
場所 金沢市保健所 3階 健康ホール
内容 『事業所における節電対策と省エネ診断について』
講師 エネルギー管理士 橋本 忠 氏

 前半は、オフィスでできる節電アクション(環境省)、家庭向けの省エネライフスタイルカレンダー(チャレンジ25)、省エネルギーセンターのホームページ、ビルの省エネ広場、改正省エネ法の概要、エネルギーマネジメントシステム(ISO50001規格)について説明していただきました。
 後半は、4グループにわかれて各社の節電の取り組みを紹介するワークショップを行いました。橋本氏は、各社の取り組みを聞くことで気づくことがあり、できることからはじめてほしいと締めくくりました。

画像@.jpg

画像A.jpg
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

第1回C・Dグループ合同幹事会を開催しました。

日時 平成23年6月27日(月) 14:00〜15:30
場所 金沢市ものづくり会館 2階 第1研修室
内容 『廃棄物処理法の改正概要について』の説明会
講師 石川県環境部廃棄物対策課 課長補佐 道下 博之 氏

 廃棄物政策の変遷にはじまり、産業廃棄物処理のながれや種類について説明していただきました。
 不法投棄等の不適正処理の多発や最終処分場による環境汚染の住民不安への配慮などが平成22年の大改正の経緯となりました。
 改正内容についてもわかりやすく説明していただき、参加企業は、廃棄物処理法の改正概要について理解を深めました。

 
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告

2011年07月25日

「昼も夜もライトダウン2011in金沢」に参加します!

 夏至の日と七夕の2日間に加え、特に節電が求められる6月22日〜8月末日を対象に、CO2削減/ライトダウンキャンペーン「昼も夜もライトダウン2011in金沢」が実施されます。今年は、節電対策として夜だけでなく昼のライトダウンも呼びかけています。 
 本ネットワークからは、昨年より15社も多い27社の会員企業がキャンペーンに参加します!

〔参加会員企業〕 ※五十音順
1.潟Aイ・オー・データ機器
2.アルスコンサルタンツ
3.石川建設工業
4.鰍mTTデータ北陸
5.加賀製紙
6.葛熨名鉄丸越百貨店
7.環境開発
8.竃k日本ジオグラフィ
9.褐F谷組北陸支店
10.轄蒼y開発センター
11.伸晃化学
12.シンコール
13.大正製薬葛熨支店
14.椛蜷驫ナ板
15.棋田組
16.丸文通商
17.みつぼしテクノ
18.日海不二サッシ
19.日機装葛熨製作所
20.日本海建設
21.鞄本政策投資銀行北陸支店
22.日本たばこ産業葛熨支店
23.ホクショー
24.竃k國銀行(武蔵ヶ辻支店)
25.椛蝌a環境分析センター
26.鰍竄ワと商事
27.ヨシダ印刷
posted by 金沢エコ推進事業者ネットワーク at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告